2018年10月15日月曜日

羽織を七五三に


お祖母さんの羽織から七五三の着物を作るよう頼まれました。

すでにほどいて洗い張りしてあったので、すぐ取りかかれます。



羽織の前身頃が、こどもの着物では後ろ身頃になります。



こけしの可愛い肩裏をそのまま使います。



羽織の面影を残した、子ども用に変わりました。

大島紬を融通の利かない才媛としたら、鹿の子絞りは偏差値の高いじゃじゃ馬娘。

せっかく付けたしるしが見えにくくて縫いづらいのですが、2、3ミリずれても布自ら修正してくれて、きれいに仕立て上がります。


       七五三鹿の子絞りは祖母のもの     仕立屋お吟






2018年10月11日木曜日

白大島


白大島の単衣の仕立てを頼まれました。

よろけ縞に蔓もの。しゃきっとして爽やかな反物です。



大島は耳の部分が広く、通常の背伏布では心もとないので、共布で作りました。
居敷当も共布が取れました。



織られて年数が経っていないので、やわらかくて衣擦れの音にも艶があります。




        衣擦れの音たてて縫ふ夜長かな     仕立屋お吟




2018年10月7日日曜日

袷を単衣に


お母様の袷の紬を、自分用に単衣に直すよう頼まれました。

薄地のはずの胴裏が厚地すぎて、着づらいとのことでした。

洗い張り屋さんにほどきと湯のしに出しました。



表地一枚になると、驚くほど軽くて、絹の光沢が感じられます。



袖と衿を縫った時点で、布団の下に敷のしします。ぱりっと仕上げるために、どんな着物でもこれは必須です。



手ざわりは結城紬に似ています。お母様にはかなり高価な買い物だったとか。これを着て、寄席や観劇にお出かけされることでしょう。

    
       秋冷のどこで織られし紬かな      仕立屋お吟









2018年10月2日火曜日

久留米絣


久留米絣の仕立てを頼まれました。

厚地の木綿は久しぶりです。



絣といわれて描くイメージとはかなり違い、素朴というより粋な感じです。



ざっくりした風合いなので、出番も多いことでしょう。


     膝に縫ふ久留米絣や秋深む      仕立屋お吟