2019年7月17日水曜日

道中着


単衣の道中着を頼まれました。



夏大島です。透けています。

着尺なので着物にもできますが、

ふと、道中着もいいかな~っと思われたそうです。



耳がつっているので、ごく細かく鋏をいれます。

単衣に仕立てるので、袷のように5㎜の切り目を入れることはできません。



紐飾りは、いつものお花です。



晩春や初秋にふさわしい一枚ですね。


梅雨の月紬縫ふ手を休めては       仕立屋お吟




2019年7月9日火曜日

二重揚げ


七五三の前撮りの揚げを頼まれました。

真夏に前撮りをすれば、空いていてゆっくり出来るようです。



それにしても、この大きさ。

下に吊るしてある、身長160㎝の方の絽の着物とあまり変わりません。

それを2歳の子が着るのですから、そうとう無理があります。



まずは、一つ目の揚げをしたところ。

身八つ口ぎりぎりで腰揚げをつまみ、

衿付けぎりぎりで、肩揚げをつまんでいます。

このままでは不細工ですので、二重揚げをします。



なんとか三重揚げにならずに済みました。

袖も長すぎるので、揚げをしました。

いやがらずに着てくれますように。


     幼子を涼しくあやしカメラマン       仕立屋お吟




2019年7月4日木曜日

男物を女物に


男物の夏大島を女物に仕立て直すよう頼まれました。

着物で通されたお父様の形見だそうです。

洗い張りして仕立てたものが、躾のついたまま遺されていました。



ほどいてのしたものにしるしを付けます。



男物には十数㎝の内揚げがありますが、

伸ばしてもまだ身丈が足りないので、おはしょりに隠れる部分に足し布をします。

まず、裾から90㎝のあたりを思い切って切り離します。



私の手持ちの布の中で、一番素材と色の近い物を継ぎ足します。

これでやっと全体のしるし付けに取りかかれます。



衽は大幅に足りなかったので、掛け衿を継ぎ足しました。

なくなってしまった掛け衿は、地衿を折って、見せかけることにしました。

大変やりがいのある仕事でした。


     縫ひあげてうすものに風生まれけり       仕立屋お吟



2019年7月1日月曜日

留袖の裄直し


留袖の裄を伸ばすよう頼まれました。

新しく買われた長襦袢に合わせて寸法を決めます。





まず袖を外して、袖巾を広く縫い直します。

留袖には比翼がついているので、比翼も同じく縫い直して、

しっかり敷きのしします。





元の折り目もきれいに消すことができました。

8月の息子さんの結婚式が待たれますね。


       八月の婚へ留袖しやんと着て      仕立屋お吟



2019年6月25日火曜日

麻の男物


麻の着物の仕立ても、最後の一枚になりました。

盛夏に間に合って、ほっとしています。



上は鼠。

下の淡い灰色の名は、さて何でしょう?

お洒落で神秘的な名です。

その名も、ムーンストーン。



長身の男性の盛夏用です。

どんな着こなしをされるんでしょうね。


      古扇男の着物佳かりけり     仕立屋お吟






2019年6月21日金曜日

祭浴衣


祇園祭のお囃子衆の浴衣5枚を頼まれました。



白地と濃紺の地を組み合わせて作ります。

私は手いっぱいなので、仲間に縫ってもらいました。



左身頃と衿が白、右身頃が濃紺です。

粋ですね。

太鼓を叩いたり、洗濯も激しいので、

ほつれることのないよう、要所要所を厳重に縫ってもらいました。

7月の祇園祭まで、もうすぐです。


     急ぎ縫ふお囃子衆の藍浴衣        仕立屋お吟






2019年6月16日日曜日

夏羽織


6月は、麻の仕立てに始まり、麻の仕立てに終わりそうです。

くる日もくる日も麻を縫っています。



巾広の反物が来ました。

黄色の通常の物より10㎝近く広いです。

長身のフランス人の方のアンサンブルを仕立てます。



若竹色の方が着物になりました。

深緑の方は羽織になります。



羽織丈が長いうえに巾も広いので、横にも縦にもへら紙を継ぎ足して、

居間の床でしるしをつけます。

これ、かなりの重労働で、翌日は筋肉痛でした。



衣紋掛けから袖が10㎝ほどもはみだしています。

着付けると壮観でしょうね。

何をなさる方でしょう?


      夏羽織はおり異国の紳士かな       仕立屋お吟