2019年2月16日土曜日

訪問着の身丈を伸ばす


訪問着の裄と身巾と身丈を伸ばすよう頼まれました。

部分直しで袷の身丈を伸ばすのは不可能なので、ほどきと湯のしに出します。

一から縫い直すということですが、

袖口部分はそのまま使えます。



袖巾をいっぱいに出して、布団の下に敷きのしするところ。



長身の方なので、内揚げはなしにして、しるしをつけるところ。脇の柄は無視することになりますが、大丈夫です。

波だって見えるのは、ぼかし柄です。



帆掛け舟をちらした上品な一枚の出来上がりです。


      卒業の子に添ふ母の訪問着       仕立屋お吟





2019年2月9日土曜日

付下げ小紋を羽織に


付下げ小紋を羽織に直すよう頼まれました。



小さな水玉が裾へゆくほど大きくなっています。

依頼者さんは、このバリエーションがお好きだったのですが、

残念ながら、羽織に仕立てると、いくら110㎝の長羽織でも、

大きな水玉は裏に回ってしまします。

衿は衽を使うので、かろうじて衿でバリエーションを楽しめます。



衽を衿の中央で継いだところ。

下前に作者の銘が入っています。

この銘が表衿に出ないように折らなくてはなりません。



ぎりぎり、裏衿に回りました。やれやれです。

衿は、4、5日布団の下に敷いて寝ます。

敷きが足りないと、きりっと仕上がりません。



衿ごしらえが出来ると、身頃のしるし付けにかかります。

110㎝と長い羽織なので、作業台では無理で、居間の床でがんばりました。



仕上がりました。袖口部分は付下げのをのまま使ってあるので、赤い八掛が粋です。



羽織紐はどんなのを選ばれるでしょうね。


     春袷英国人を夫に持ち      仕立屋お吟


2019年2月5日火曜日

名古屋帯 開き仕立て


名古屋帯の仕立てを頼まれました。

一風変わった名古屋帯です。

イスラム教徒の女性がかぶる、バティックという布を使い、

両面使える開き仕立てにします。

器用でセンスのいい和裁仲間が、ミシンと手縫いで仕立てます。



巾110㎝×4メートルのバティックです。

右の派手な柄を片面に、真ん中の柄をもう片面に持ってきます。

お太鼓の部分は、帯芯を二重にします。

左の地味なところは残布となります。



派手な方、お太鼓にざっと畳んでみました。



地味な方も同じように畳んでみました。

リバーシブルで二通りに結べるわけです。



作り帯にすると、派手な方をお太鼓に、地味な方を胴にすることができます。

どんなお着物と合わすのでしょうね。長身の依頼主さんにお似合いのことと思います。


        春めくや異国の布の名古屋帯    仕立屋お吟