2018年6月11日月曜日

単衣の身巾直し


単衣の身巾直しを頼まれました。



リバーシブルになっていて、表は閉じた扇子、裏は番傘。裾や袂からちらりと粋が見えます。



身巾を2㎝詰めます。全体で8㎝細めになります。お袖を外して、もの差しの角度で詰めるので、胸回りも細めになります。



この方は細めで170㎝と長身なので、身巾と肩巾の差がとても大きくなり、脇の縫い代のしまつが攣って見苦しくなります。

そこで、写真のように切り目を入れ、細かくかがりました。



藍と白だけの木綿は、大人の味ですね。

この方は薬剤師さんで、「白衣はもう飽きました。」と仰っていました。


    藍浴衣白衣を脱げばどなたかと      仕立屋お吟



2018年6月4日月曜日


絽の仕立てを頼まれました。



桔梗の地模様によろけ縞。



しるし付けをしようと、ヘラ紙に置くと、耳が攣っていることに気づきました。布地が波打っています。



必要な個所に、切り目を入れます。ひっぱって耳を伸ばします。
切り目を入れてはいけない個所もあるので、慎重に。



無難に仕上がってほっとしています。もうすぐ絽の出番ですね。


        縫ひあげし絽や朝まだき海の色      仕立屋お吟